月村了衛 - 機龍警察

久し振りの冒険小説、月村了衛氏の「機龍警察」にはまった!

早川書房編集部編「新・冒険スパイ小説ハンドブック」(ハヤカワ文庫:2016年1月)に出会って、久し振りに冒険小説が読みたいな~ってな気楽な感覚で購入した「機龍警察シリーズ」に・・・ちょっとはまった感じです。 作者の月村了衛(つきむらりょうえ)氏は、元々脚本家だったらしく、物語はとってもリアリスティック。表現もとってもディテイルになっていて。 近接戦闘用の有人兵器、機甲兵装がテロや犯罪に使用されるよ

続きを読む »