新冒険スパイ小説ハンドブック

翻訳冒険小説再び!選択したのは北川次郎氏お勧めのマーク・グリーニー著「暗殺者グレイマン」に

最近になってはまってしまった月村了衛氏の「機龍警察シリーズ」の文庫本は、最初の「機龍警察」と「自爆条項(上)(下)」の 3 冊があるのみで、それ以降のシリーズはまだ単行本。個人的には、文庫本に拘っているので、次のシリーズが出版するまでちょっと休憩。 それよりも、先日も取り上げた早川書房編集部編「新・冒険スパイ小説ハンドブック」(ハヤカワ文庫:2016年01月08日)に、私が最も気にしている書評家で

続きを読む »
冒険小説

冒険小説という分類のミステリーが好き

いったいどうやって見つけたのか。どうしてそこに辿り着いたのか・・・全く記憶がありませんが、ただただ衝撃的だったことだけが鮮明に残っています。それがフレデリック・フォーサイス著「ジャッカルの日」(角川文庫:1979年6月)という小説でした。 そのリアリティー感覚、ストーリー展開の早さ・・・全てが新鮮で、これまでに経験のない体験で、いったい何度、通勤の降車駅を乗り越してしまったことか。それこそ、初めて

続きを読む »