カトレアは、定番の「素焼鉢+ミズゴケ」はやめよう!コケにカビ臭で・・・

ランを育てるうえで、どの参考書にも紹介されている「素焼鉢にミズゴケ」ですが・・・きちっと成長してくれればくれるほど、素焼鉢に苔がこびりつく。また、ミズゴケは時間と共にカビ臭くなってくる・・・せっかく見事な花が咲いても「カビ臭くなった苔まみれの鉢」を飾る気になれません・・・


花が終わったら植え替えを実行しようと考えていますが・・・上記のように「素焼鉢+ミズゴケ」から卒業しようと考えています!次回の開花時には、玄関とかリビングルームへ飾りたい!

そこで陶器鉢に用土は「モルバーク」にしようと考えています。コチョウランやシンビジウムに関してもモルバークにしているので、扱い方は慣れています。

当社指導開発ニュージーランド産高品質バーク。内陸生産と徹底した生産管理で高い品質を維持しています。特に内陸部で生産しているため塩害(ナトリウム障害)はありません。包装は業務用と小売用があります。 庭園へ草花や背丈の低い庭木を植える時、土と混ぜると最高の土壌改良材になります。

シンビジウム、胡蝶蘭、彗星蘭(オドントグロッサム)、カトレア、デンドロビウム、 パフィオペディルム、オンシジューム、ミルトニア、紫香(ジゴペタラム)、 リカステ、デンファレ、和蘭など、様々な蘭に幅広くお使いいただけます。 出典:「洋ラン・シンビジウムの株式会社 向山蘭園|製品一覧|モルバーク」より

上記からもカトレアに「モルバーク」が利用できることは明確ですね!現在、「4 号素焼鉢」とミズゴケですが・・・「4 号陶器鉢」に「モルバーク」に植え替える・・・これで、来年度は玄関やリビングに飾れるようになるな~

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策にご協力を。下記、空欄を埋めて下さい。 *